【顔面神経麻痺.com】〜顔面神経とは〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganmensinkeimahi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは顔面神経とはどんな神経なのか、詳しく説明しています。

顔面神経とは脳神経の中の末梢神経です。脳神経の末梢神経は12本あり、顔面神経は7番目です。
顔面神経は脳内の橋(きょう)と延髄から伸びて、すぐ隣の内耳神経という神経と一緒に内耳道に入り内耳と中耳の骨壁の中を走った後、乳様突起と呼ばれている耳の下の出っ張りの前から頭蓋骨の下に出てきます。そして耳下腺の下から扇状に顔面各部に神経が散らばっています。

この神経は主に顔の表情筋の運動を司っています。表情筋というと、接客業やサービス業の世界では必須とも言われる「笑顔」などの表情を作り出す筋肉です。この筋肉が自身の表情を作っているわけですから、異常があれば思うように表情を作れなくなってしまいます。また日本人は欧米人に比べてこの筋肉が発達していないと言われています。


⇒ 三叉神経とは


sponsored link



copyright©2013  【顔面神経麻痺.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved