【顔面神経麻痺.com】〜原因について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganmensinkeimahi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは顔面神経麻痺の原因について、詳しく説明しています。

顔面神経麻痺の多くは原因不明とされ、この場合はベル麻痺と呼ばれ、顔面神経麻痺の半数以上がこのベル麻痺とされています。考えられる可能性としては寒冷曝露、アレルギー、局所浮腫などがあります。また他の原因として最も有力なのがウイルス感染によるものです。水痘・帯状疱疹ヘルペスウイルスが顔面神経やその周辺に感染することで起こる麻痺をハント症候群と呼び、ベル麻痺と合わせると顔面神経麻痺のおよそ8割ほどを占めているとされています。

それ以外の原因としては、脳梗塞や脳卒中、脳内出血などの脳血管障害によるもの、骨折や手術などの外傷によるもの、自己免疫異常によるものなどが挙げられます。
何れにしても、顔面神経は顔面神経管と呼ばれる骨で取り囲まれた狭いトンネルを通って脳から外に出ますが、何らかの原因で顔面神経が圧迫や損傷を受けて麻痺が起こると考えられています。


⇒ 症状について


sponsored link



copyright©2013  【顔面神経麻痺.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved