【顔面神経麻痺.com】〜検査と診断〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganmensinkeimahi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは顔面神経麻痺の検査と診断について、詳しく説明しています。

まず顔面神経麻痺の診断は、顔の症状から見てすぐにそれと分かります。しかし治療にあたって一番重要なのは、原因が何かを解明することです。症状に対する対症療法を行っても、原因が解消されなければいつまで経っても治ることはないからです。どのような病気においても言えることですが、原因に対する根治療法を行うことが重要となります。

さて、顔面神経麻痺の検査としては、まず適切な診断を行う為、症状についての検査を行います。中枢性麻痺末梢性麻痺を見極める為には、おでこにシワを寄せられるかどうかを検査します。シワ寄せが出来る場合は中枢性麻痺、出来ない場合は末梢性麻痺と診断されます。
また、麻痺の障害部位を知るために、聴力検査、耳小骨筋反射検査(contra)、涙分泌検査、味覚検査、NET検査(神経興奮性検査のことで顔面神経の生死を判定)の5つの検査を行います。
この他にもMRIなどの画像診断や血液検査などを行い、より精密に検査をすることもあります。


⇒ 治療について


sponsored link



copyright©2013  【顔面神経麻痺.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved