【顔面神経麻痺.com】〜末梢性麻痺〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganmensinkeimahi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは顔面神経麻痺末梢性麻痺について、詳しく説明しています。

顔面神経麻痺は中枢性と末梢性に分かれます。末梢性麻痺は中枢神経外、脳幹より下位の位置で起きた障害によって起こるものです。ベル麻痺ハント症候群、外傷や中耳炎などの炎症や腫瘍などがあり、その中でも7割以上がベル麻痺とハント症候群です。
末梢性麻痺の場合は、中枢性麻痺に比べて症状も軽い場合が多く、治療の予後も比較的良い場合がほとんどです。後遺症が残る場合もありますが、適切なリハビリテーションを行うことにより改善が期待できるケースが多数です。

中枢性麻痺の場合は、顔面神経領域だけに障害があるというのは稀で、同時に耳の神経や目玉を動かす神経、喉の奥や舌を動かす神経などの何かしらの神経障害を併発している事が多いので、顔面神経にのみ麻痺が認められる場合は、極めて末梢性の可能性が高いと言えるでしょう。


⇒ 中枢性麻痺


sponsored link



copyright©2013  【顔面神経麻痺.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved