【顔面神経麻痺.com】〜三叉神経とは〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganmensinkeimahi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは三叉神経とはどんな神経なのか、詳しく説明しています。

三叉神経は12本ある脳神経のうちでも最大の神経で、脳内の橋(きょう)の手前の三叉神経節から伸びて、末梢に向かう際に眼神経と上顎神経と下顎神経の三枝に分かれています。このことから三叉(3筋に分かれること)という名が付いています。
三叉神経は、顔面を含む頭部の大部分の知覚を司る感覚枝(大部)と、咀嚼筋などの筋肉を司る運動枝(小部)を支配しています。別名第5脳神経とも呼ばれています。

三叉神経の働きで最も身近なのは咀嚼(そしゃく)運動です。咀嚼とはくちに入れた食物を歯で噛み砕くことです。またくしゃみ反射も三叉神経が関係していて、アレルギー性鼻炎などの場合は三叉神経終末のヒスタミン受容体とアレルゲンが結合して、延髄のくしゃみ中枢に信号を出すことから始まります。信号を受けたくしゃみ中枢が各部位にくしゃみをする命令を送って、実際にくしゃみが発生する仕組みです。このように三叉神経は非常に身近な神経なのです。


⇒ 顔面神経とは


sponsored link



copyright©2013  【顔面神経麻痺.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved