【顔面神経麻痺.com】〜症状について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganmensinkeimahi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは顔面神経麻痺の症状について、詳しく説明しています。

顔面神経麻痺の症状として最も多いのは、顔の半分にしびれを感じたり意識的に動かすことが困難になることです。他にも額にしわを寄せられない、眼を閉じられない、口角が垂れ下がる、口を尖らせて口笛が吹けなくなる、口を閉められず涎が垂れる、瞬きが思うようにいかず瞼が閉じれない、眼球に潤いが無くなって角膜が乾燥し潰瘍が出来る、などの症状が挙げられます。特に咀嚼の障害と目の障害がある場合は、日常生活に支障を来たす深刻な問題となってしまいます。
症状の現れ方は原因によって変わりますが、ベル麻痺であれば老若男女問わず急性に現れるのが特徴です。脳血管障害が原因であれば、顔面の症状は徐々に現れ始め、手足のしびれなど他の症状も併発します。他にも味覚障害や聴覚障害なども併発することもあります。

顔面に痛みがある場合は麻痺とは呼ばず、顔面神経痛や三叉神経痛と呼び区別されます。


⇒ 原因について


sponsored link



copyright©2013  【顔面神経麻痺.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved