【顔面神経麻痺.com】〜治療について〜


sponsored link

[当サイトへの問い合わせ]
ganmensinkeimahi★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。





sponsored link





ここでは顔面神経麻痺の治療について、詳しく説明しています。

顔面神経麻痺の治療にあたって一番重要なのは、原因が何かを解明することです。症状に対する対症療法を行っても、原因が解消されなければいつまで経っても治ることはないからです。どのような病気においても言えることですが、原因に対する根治療法を行うことが重要となります。

ベル麻痺など急性の顔面神経麻痺には、副腎皮質ステロイド療法を早期に開始します。しかし糖尿病患者の場合は病気が悪化する恐れがある為、慎重な対処が必要となります。ウイルス性のものに関してはヘルペスウイルスの特効薬であるゾビラックスという抗ウイルス剤を併用します。これら原因に対する治療と並行して、麻痺に対する治療も必要です。麻痺が1年以上継続すると、後遺症が残りやすくなると言われているためです。

治療の予後において最も重要となるのはリハビリです。リハビリを行うか行わないかで、全く回復度合いが違ってきます。顔周辺の筋肉を色々な表情を作るなどして意識的に動かしたり、マッサージを入念に行うようにしましょう。


⇒ 検査と診断


sponsored link



copyright©2013  【顔面神経麻痺.com】〜原因・症状・治療〜  All Rights Reserved